アミノ酸で持久力がアップ!スポーツ選手がアミノ酸を愛用する訳

先日ラグビーのワールドカップがありましたよね!

サッカーや野球、スケートや体操など日本人選手が世界で活躍する姿は、

私たちにとって誇りであり、楽しみでもあります。

 

子供たちも将来はスポーツ選手になりたいと夢見る子が多く、

特にサッカーが人気らしく、日本だけではなく海外で活躍する選手を見て、

憧れを持つ子が多いようです。

でも、一流のスポーツ選手になるには才能だけではなく、

人一倍の努力と精神力が必要らしいです。

 

私たちは試合という華やかな場面しか目に知りませんが、

その陰では毎日毎日同じトレーニングを続け、

時には挫折しながらも這い上がる過酷な毎日があるのです。

 

そんなスポーツ選手にとって練習と同じくらい大切なのが、

自分の体を作る食事ですよね?

好きな物を好きなだけ食べていては、あの強靭な体を手に入れることはできず、

競技によって違いますが、筋肉をたくさん作らなくてはならない人や、

体重を増やさずに体力、持久力を高めなくてはならない人もいます。

スケートの羽生選手はあの細い体のどこにあんな体力と持久力があるのかと不思議になりますよね?

そのような体を作るには、ある成分がとても大切で、

試合中も疲れを取り体力が続くようにドリンクやゼリーなどで素早く摂取する選手が多いようです。

 

その成分こそがアミノ酸で、筋肉タンパク質の3分の1を占めるアミノ酸は、運動によって急速に失われこれを早急に摂取することによって筋肉破壊を最小限に抑えられ、持久力が持続すると言われています。

言い換えると、運動によって疲れた筋肉の疲労を取り除き復活さることができるので、練習中だけではなく試合中もスポーツ選手はアミノ酸を手放せないのです。

 

テニスプレーヤーも試合の合間にベンチでドリンクやゼリーを飲んでいることがありますよね?あれもおそらくアミノ酸を補給して筋肉の疲労を摂っているのです。

また、マラソン選手も途中の給水所で自分専用のドリンクを手に取っています。あれは、自分に合った成分を補給しているのですが、ほとんどの選手はドリンクの中にアミノ酸も入れていると言われています。

 

このように、スポーツをする時はアミノ酸が良いと言うのは訳があるのです!

もし、自分がスポーツをする時や健康管理のためにマラソンやトレーニングをする時は、筋肉疲労や持久力アップのためにアミノ酸を上手に取り入れてみてはいかがでしょうか?

今まで以上に体が軽く疲れが残らないはずです。

ヘアサイクルから一日に抜けてもOKな髪の本数・・・

最近抜け毛が増えたと感じるときはどのような時でしょうか?

・シャンプー時に指に絡まる髪が以前よりも増えた

・お風呂の排水溝に以前よりも早く髪が溜まる

・床に落ちている髪が以前よりも多い

・枕に大量の髪が落ちている

そのほかにも髪全体にボリュームがなくなったり、分け目が目立ってくると抜け毛が増えているサインです。

人間の髪は健康な状態でもある程度の寿命で抜け落ち、

新しい髪が生えてくるようになっています。

ですから、髪が抜けるからと言ってそれが異常なことではないので、

どれくらい抜けても大丈夫なのか知っておいた方が良いかもしれません。

 

ヘアサイクルが正常な人は一日に50本から100本は抜けても大丈夫なんです!

これってかなり多いと思いませんか?

何もしなっくても自然にそれだけ髪が抜け落ちても、

同じ数だけ新しい髪が生えてくれば、髪が薄くなることはないということです。

 

でも・・・この正常な本数を自分で数えることは無理ですよね?

色々な場所で少しずつ抜けているのですから、

それを残さず拾い集めるのは到底できることではありません。

そこで、異常な抜け毛とそうではない見分け方は、

やはり以前よりも・・・ということになります。

一番わかりやすいのは入浴時にどれだけ髪が抜けているかをチェックすることで、

シャンプーのときは普段でも髪が抜けやすいですよね?

まずは排水溝の髪を全て掃除し、何もない状態にしておきます。

それからいつも通りのシャンプーをしてみると、

どれだけ抜けているのか分かります。

http://xn--vckh9b5cva2guc.biz/

 

抜け毛が増えていると一度のシャンプーでも驚くほどの量が抜けていることに気付き唖然とするはずです。

しかし、抜け毛が増えたことが必ずしも薄毛につながるわけではないので、

まずは観察することが大切です。

心配のない抜け毛としては、季節的なものがあり、

夏の紫外線で頭皮や髪がダメージを受けた結果、

秋になると抜け毛が増えてしまうことがあります。

「秋は抜け毛が多くて嫌だね~」なんてことを言っている女性は意外と多く、

季節によって抜け毛が増えることを知っている人も多いのです。

また、産後にはホルモンバランスの変化によって一時的に抜け毛が増える人が多く、

これもしばらくすると改善するので心配はいりません。

 

このように、抜け毛は誰にでもあり一日にたくさんの髪が抜け落ちて、

また新しい髪が生えるサイクルを繰り返しているのです。

このまま薄毛に進行するのか心配いらないのかを見極め、

早めにケアすることが大切です。

Posted in

右脳が今注目されている!知られざる潜在意識のチカラ

右脳が今注目されている!知られざる潜在意識のチカラ
才能を伸ばしたければ、また将来金持ちになりたかったら
右脳を鍛えろ!
右脳を鍛えることで、将来の自分の未来が変わってくるといわれています。
才能の開花。
さらに、潜在意識が高まることで成功への道を
自然と選択していくんだそうですよ。

現在、平凡な生活を送っている
人は1割程度しか右脳を使っていないといわれています。
左脳主軸の考え方になっている為、
潜在能力を引き出したり、才能を引き出せていません。

左脳は過去の失敗などの経験を活かした考え方の元
行動する働きを持っています。

そして、右脳は無意識の脳といわれています。
無意識の脳である右脳を鍛えることで、
潜在能力を引き出して、コントロールまでできるんだとか。

さあ、右脳を鍛えて自分の能力を引き出しましょう。
右脳を鍛えるには、イメージが大事なんだそうですよ。
たとえば、将来お金持ちになりたければ、
お金持ちになった自分を想像することを
毎日行ってみて下さい。
潜在意識の中でどうすれば、お金持ちになれるのか
という選択を自然にやっていくようになるでしょう。

もともと、右脳は無意識の脳ですから
勝手にお金持ちになる道に行動を導いてくれます。

よく、プロのスポーツ選手が
イメージトレーニングをして良い成績を残したり
メンタルを強くするといいますよね。
これも、右脳を鍛える行動であり、
潜在能力を引き出して、無意識にイメージ通りになる
という成功パターンを作ってくれるんですって。
左利きに天才や秀才が多いといわれているのは
左手を使うと右の脳が活性化するからといわれていますが、
これも本当のことだったんですね。
極力左の指を使うように意識してみましょうか。

また、何かと最終的にラッキーを手にしている人。
こういう人も右脳が活性化している人だといわれています。
無意識のうちに、成功できる道を選択しているってことでしょう。
ラッキーとは無縁だった方。
負け犬意識で半ばあきらめている方。
右脳を活性化させて潜在意識を引き出すことで、全く違った人生を歩むことだって可能ですよ。

しあわせ脳といわれる右脳。
毎日のトレーニングによって夢がかなう。
お金持ちにだってなれるかもしれないし、
今まで自分が知らなかった可能性や、能力が引き出されるかもしれません。
一度きりの人生、もうこのまま年を取っていくだけだと
諦めないで、右脳を鍛えて
いまとは違う人生を切り開き、歩んでみたいものですね。

Posted in

なぜ、人にはつむじがあるの?つむじがあるワケと役割

つむじはなぜあるのでしょう。
つむじさえなかったら頭のてっぺんから禿ることもないんじゃないの??

つむじがあるワケとは。
つむじは人間だけじゃなく、馬などの毛の生えている動物にもあるそうですね。
さらに、外国人のおおくはつむじは右巻き。
それに対して日本人の多くは左巻きだといわれています。
日本人にとってつらいことに、つむじが左巻きの人は
馬鹿で変わり者。。。そんなことも言われていました。
ということで、つむじが2つなど複数ある人は天才型なんですね。
イチロー選手もつむじが二つあるそうですよ。
自分のつむじ、また子供さんのつむじの方向を見てみて下さい。
天才型でしょうか。それとも。。
つむじの流れは遺伝だといわれていますので、
自分のつむじや配偶者のつむじを見れば、
一目瞭然ですが。
まだ未婚の方は、つむじが右巻きの人を
探してみてもよさそうです。

天才といわれるのはいいけれど、つむじが一つとは限らず、
2,3つあるとかなり厄介なことになります。
つむじが変な場所にあるだけで、ヘアースタイルも
決まらなかったりなんですよね~。
つむじってほんとなんであるんだろうって思わされます。

つむじハゲはAGA!?噂の真相を徹底究明します!

が、つむじは以外にも大切な役割をしていました。
もしも、つむじがなかったら、髪の毛がたって生える??
つむじがあるお蔭で、髪の毛の流れができ
自然に頭皮を覆う形になっているそうです。
頭皮が髪の毛でおおわれることで
頭皮を紫外線から守ることができたり、
けがや傷から守ることができるというわけ。

雨が降っても髪の毛のおかげで頭皮がぬれることもないし、
ホコリなどの汚れもたまることもありません。

つむじがあるワケ、分かりました。

つむじついでに、つむじにまつわる情報をちょっぴりチェック。
つむじを押すと、下痢になるだの、ハゲるなどがありますが、これも一応、根拠があるお話でしたよ。
つむじのまわりには百会(ひゃくえ)と呼ばれるツボがあるそうです。
このツボを押すことで全身の血行が良くなります。
それによって、冷え症が改善されるなど
血行促進ができます。
なので、下痢が治まる、ハゲるというよりは
便秘が解消される、薄毛やハゲにも効果的であるということになりますね。
つむじあたりにある百会というツボを20回程度
気持ちの良い力加減で指圧をすると効果的だそうですよ。

また、つむじは母親のおなかの中にいることから形成されるそうです。
7か月くらいになるとつむじができてきて、
できたつむじの向きは、一生変わらないんだとか。

人間の体って本当に不思議。
無くてよいようなものでも、あるべきものばかりだったんです。
つむじにしてもムダ毛にしても
体に必要なさそうなものだと感じていましたが、
私たちにとって必要なものばかりなんですね。
なんだか、体全てのものが、いとおしいと思えるようになりました。

Posted in

人間の毛の役割に考えてみました。毛が生えている訳と役割

何でこんなに毛が多いの・・・と嘆いている人は多いのではないでしょうか?

必要だから生えているはずの毛を高額なお金をかけて脱毛する!そんな不思議なことを人間は何の疑いもなく行っているのです。

考えてみると不思議ですよね?頭の毛はないと恥ずかしいのに脇や腕、足は毛があると恥ずかしい・・・

誰が決めたのかそんな当たりまえん認識があるのですから。

もし、頭に毛があるのが恥ずかしい!と決まれば誰もが髪の毛が一生生えてこないように脱毛サロンに駆け込むのでしょうか?

元々ハゲだった人は嬉しくて仕方がないでしょう。

 

人間はなぜか毛に対してかなり執着心を持っているように思いますが、そもそも必要な部分に毛は生えているわけで、

それぞれ役割があるのです。

頭・・・人間の体の中でも最も重要な部分と言っても過言ではない頭部を外の刺激から守るために髪があり、

クッションンのう役割をはたしています。

眉毛、まつ毛・・・目に異物や汗が入らないようにガードする役割があります。

脇・・・皮膚が弱い脇を摩擦から守る、異性を惹きつけるフェロモンを溜める

よーく観察すると部分的ではなく体全体に毛が生えていますが、これは保温、断熱、外部殻の刺激から皮膚を守る役割があり、

人間は勝手に「ムダ毛」と言っていますが、ムダではないんですよね!必要ののです!

現代は大昔と違って外部から体を守る必要がそれほどなくなってきたので、自然に毛が薄くなってきたそうで、

原始時代を想像すると今よりもかなり毛深い人たちだったはず・・・

 

最近は男性でも脱毛サロンで女性と同じような脱毛を受けると言いますが、こんなことが人間の進化につながっていくとしたら、

これからの人間は毛のない宇宙人のような外見になって行くのでしょうか?

それはそれで恐ろしいような・・・

 

見た目を気にして脱毛をするのは仕方がないことで身だしなみという考え方もありますよね?

しかし、その毛の役割を知らずに全て脱毛してしまうと、本来そこに毛があるから守られていた部分が危険にさらされたり、

病気やけがをしやすいなどの自分にとってマイナスの部分が出てくるはずです。

特に永久脱毛、半永久脱毛を簡単にしてしまうのはとても危険で、

本当に必要な脱毛なのかを考えることも大切ではないでしょうか?

 

 

Posted in

髪の毛には解毒作用があるのを知っていましたか?

髪の毛って単に、ファッションアイテム的なものだと思っていません?
髪の毛にはとても重要な役割があるんですよ。

髪の毛には解毒作用があるのを知っていましたか?
私たちは毎日、食事もするし飲物も飲みますよね。
そして、私たちが口にする食べ物には、体を維持するために必要な
様々な栄養素が含まれていますが、
中には有害な物質も含まれています。

有害ミネラルと呼ばれている物質で
代表的な有害ミネラルにはアルミニウムに鉛や水銀、カドミウム、砒素があります。
知らず知らずのうちにこれらの有害ミネラルが
体の中に入っていっているんですよ。
そして、微量ではあるものの、これらの有害ミネラルが体に蓄積されること
体に様々な悪い症状が出てきます。
皮膚炎に慢性的な疲労感、食欲不振にめまいや息切れといった症状です。

有害ミネラルは私の体の中にも蓄積されているのに、
こうした症状が出ないのはなぜなの?
髪の毛のおかげでした。

髪の毛には体の中の有害物質を排出させる作用があるからです。
そのため、ミネラル検査を行う場合には髪の毛を使って
検査しています。

髪の毛って、健康にとっても大事なんですね~。
髪の毛があるから有害ミネラルが体に蓄積されるのが防げているんです。

じゃあ、薄毛になったら困るじゃん。
そう、薄毛の人の場合、フサフサ髪の人に比べると
排出できる有害物質の量も少ないんです。
健康維持のためにも髪の毛は大切にしなければいけません。

薄毛の人は、育毛治療で髪の毛を取り戻すか、
デトックス効果のある食品を意識して食べて下さいね。
食物繊維たっぷりの食品なんかおススメです。
食物繊維がたっぷりな食品には海藻に豆類、ゴボウやイモ類があります。
便秘を解消させることや、腸を綺麗にしておくことで
デトックス効果を上げることができ、有害物質も体外へ排出させることができます。

また、肝臓を強くするといいんですよ。
肝臓には毒解作用があります。
アルコールで疲れている肝臓だと、毒解作用も低下してしまいます。
アルコールは適量で、休肝日も作りましょう。
それができなければ、オルニチンという成分を積極的に取り入れて肝臓機能を高めるといいですよ。
オルニチンを多く含む食材として、しじみ、えのきだけ、まぐろ、チーズ、ヒラメなどがあります。
マグロやヒラメ、チーズならアルコールを飲む際のあてやおつまみとしても使えますね。
意識して食べましょう。

さらに、髪の毛は紫外線から身を守ってくれています。
紫外線はがんを引き起こす怖いものであり、
シミやしわなど老化現象を皮膚に与えます。
髪の毛があることで、頭皮は紫外線から守られているんです。
また、体温調節も髪の毛がしてくれています。
髪の毛1本1本の間には空気を含まんでいます。
それが断熱の役割をすることで、熱さや寒さから守ってくれています。
熱い時には汗をかきますよね。
髪の毛がべたつくほど汗をかきます。
表面積の広い髪の毛がぬれることで気化熱によって体温を下げるという役割もしているんです。

いやいや、髪の毛ってどう転んでも、
無いより有った方がいいということなんですね~。

Posted in

人体中の毎日死んでいく細胞、生まれてくる細胞

人間の体は本当に不思議なもので、神秘としか言いようのない説明のつかないことがたくさんありますよね!

重病だった人が突然回復したり、もう手の施しようのない末期がんの人の癌が消えたり・・・

科学では説明のつかないことがたくさんあるのですが、考えてみるとあんなに地位さん赤ちゃんが大きな大人に成長していくのも不思議がいっぱいです。

細胞がどんどん分裂し成長していくのですが、ある程度成長した後はろう劣化し始めます・・・うまくできてますよね!

人間の細胞は毎日死んでいくのですが、それと同じくらい生まれているそうです。

そうじゃないと人間はあっと言う間に老化し、死を迎えることになってしまいますよね?

実はその生まれてくる細胞はすべて良いものだけではなく、がん細胞も含まれているのです・・・

まさか自分の体に毎日のようにたくさんのがん細胞が生まれているなんて考えられないかもしれませんが、

実はみんなそうなのです!

普通は、がん細胞が生まれても死んでいくのですが稀に死なずにどんどん増殖してしまう場合があり、それが私たちが恐れる癌の正体です。

ですから、癌は特別な病気ではなく誰にでも起こり得る身近な病気と言えます。

 

風邪などの病気にかかりやすい人っていますよね?

そういう人は毎日生まれる細胞と死んでいく細胞のバランスが崩れ、細胞に何らかの変化が起こり免疫力が下がることで、

体内に侵入してきたウィルスを撃退することができなくなっているのです。

その原因は様々で、不規則な生活や食生活、ストレスなどが挙げられますが元々虚弱体質と言うことも考えられます。

そんな人でも生活を変え体を鍛えることで自然治癒力を高め、免疫力を上げることができるので、

運動不足の人は無理をしない程度に体を動かしてみたり、健康に良い食品を取り入れる、

ストレスを溜めこまないように発散する時間を作るなどできることがたくさんあるはずです。

 

人体中の毎日死んでいく細胞、生まれてくる細胞のバランスをとることが、

病気をしない健康な体を作ることにつながるのです。

これをもっと解明できるようになれば、がんになる前の確実な予防方法が見つかるかもしれませんね。

自然に病気を治す力|自然治癒力について

人間の体って本当に不思議ですよね!

昨日怪我した場所が翌日には血も止まりかさぶたができているのですから、自然に治そうとする治癒力は当たり前のようで実はすごい力なんですよね。

もし、人間に自然治癒力が備わっていなかったら・・・今のように長く生きることはできずに、ほとんどの人が若いうちに亡くなっていたはず!それ以前に人間は絶滅していたに違いありません。

 

自然に病気を治す力は、風邪やインフルエンザにかかったときに感じますよね?

40度以上の熱が出ると「もうだめかもしれない・・」なんて弱気になるものですが、

ほとんどの場合は病院に行かなくても水分を十分に摂ってゆっくり寝ていれば数日で治ります。

しかし、最近は病気に対して誰もが敏感になり過ぎて「熱が出た」「喉が痛い」「咳が出る」と言ってはすぐに病院に行き、

それほど必要でもない薬を飲んで安心しているのす。

これによって本来自然治癒力によって治す力が備わっているのに過保護にされています。

それを続けることでどうなると思いますか?

自然治癒力が低下して体が弱ってしまうのです。

なんだか本末転倒ですよね・・・

 

そもそも、自然治癒力とは生きていくために体を守るためで生命を維持することなのですが、

人間は賢くなり過ぎたためか、その力をそれほど使わなくても生きていけるような仕組みを作ってしまったようです。

最近の子供は自然治癒力が低下し風邪をひきやすく治りにくくなっているようで、

それをまた薬で無理に治そうとするため、どんどん人間の体は軟弱になり逆にウィルスはその薬に勝つための力をつけるので、

以前効果があった薬でも効かなくなり、また強い物・・・と薬とウィルスの戦いになってしまいます。

その結果、取り残された人間の体は自然治癒力が低下し病気になりやすくなってしまうのです。

 

ですから、自然治癒力を高めることが病気になるにくく強い体を作ることにつながると早く気づくべきなのかもしれません。

そのためにするべきことは意外と簡単で、当たり前のことばかりです。

まずは睡眠を十分にとることが大切で、人間は睡眠中に傷ついた細胞が再生され疲れや体調不良を改善するようにできているので、

規則正しく質の良い睡眠をとることが大切です。

また、バランスの取れた食生活と適度な運動、ストレスをためこまないことが大切なんです!

ストレスって気持ちの問題って感じがしますが、それによって免疫力が低下することが分かっているので、

病気しやすくなるそうです。

 

せっかく元々備わっている自然治癒力を最大限に発揮せずに自ら捨ててしまうのは勿体ないことですよね?

どれだけ医学が進歩しても自然治癒力に勝る治療はありません!

健康で楽しい毎日を送るためにも、自然治癒力をもっと意識した生活をしましょう。