髪の毛には解毒作用があるのを知っていましたか?

髪の毛って単に、ファッションアイテム的なものだと思っていません?
髪の毛にはとても重要な役割があるんですよ。

髪の毛には解毒作用があるのを知っていましたか?
私たちは毎日、食事もするし飲物も飲みますよね。
そして、私たちが口にする食べ物には、体を維持するために必要な
様々な栄養素が含まれていますが、
中には有害な物質も含まれています。

有害ミネラルと呼ばれている物質で
代表的な有害ミネラルにはアルミニウムに鉛や水銀、カドミウム、砒素があります。
知らず知らずのうちにこれらの有害ミネラルが
体の中に入っていっているんですよ。
そして、微量ではあるものの、これらの有害ミネラルが体に蓄積されること
体に様々な悪い症状が出てきます。
皮膚炎に慢性的な疲労感、食欲不振にめまいや息切れといった症状です。

有害ミネラルは私の体の中にも蓄積されているのに、
こうした症状が出ないのはなぜなの?
髪の毛のおかげでした。

髪の毛には体の中の有害物質を排出させる作用があるからです。
そのため、ミネラル検査を行う場合には髪の毛を使って
検査しています。

髪の毛って、健康にとっても大事なんですね~。
髪の毛があるから有害ミネラルが体に蓄積されるのが防げているんです。

じゃあ、薄毛になったら困るじゃん。
そう、薄毛の人の場合、フサフサ髪の人に比べると
排出できる有害物質の量も少ないんです。
健康維持のためにも髪の毛は大切にしなければいけません。

薄毛の人は、育毛治療で髪の毛を取り戻すか、
デトックス効果のある食品を意識して食べて下さいね。
食物繊維たっぷりの食品なんかおススメです。
食物繊維がたっぷりな食品には海藻に豆類、ゴボウやイモ類があります。
便秘を解消させることや、腸を綺麗にしておくことで
デトックス効果を上げることができ、有害物質も体外へ排出させることができます。

また、肝臓を強くするといいんですよ。
肝臓には毒解作用があります。
アルコールで疲れている肝臓だと、毒解作用も低下してしまいます。
アルコールは適量で、休肝日も作りましょう。
それができなければ、オルニチンという成分を積極的に取り入れて肝臓機能を高めるといいですよ。
オルニチンを多く含む食材として、しじみ、えのきだけ、まぐろ、チーズ、ヒラメなどがあります。
マグロやヒラメ、チーズならアルコールを飲む際のあてやおつまみとしても使えますね。
意識して食べましょう。

さらに、髪の毛は紫外線から身を守ってくれています。
紫外線はがんを引き起こす怖いものであり、
シミやしわなど老化現象を皮膚に与えます。
髪の毛があることで、頭皮は紫外線から守られているんです。
また、体温調節も髪の毛がしてくれています。
髪の毛1本1本の間には空気を含まんでいます。
それが断熱の役割をすることで、熱さや寒さから守ってくれています。
熱い時には汗をかきますよね。
髪の毛がべたつくほど汗をかきます。
表面積の広い髪の毛がぬれることで気化熱によって体温を下げるという役割もしているんです。

いやいや、髪の毛ってどう転んでも、
無いより有った方がいいということなんですね~。